医学部 臨床医学産科婦人科学Obstetrics and Gynecology

JapaneseEnglish

研究室HP

3

産科婦人科学教室は1972年に桑原惣隆・初代教授のもと開設され、1997年から牧野田 知・第二代教授が着任し現在に至っている。周産期部門では小児外科・NICUと連携した出生前診断に力を入れ、胎児肺成熟のMRI診断などで成果を上げている。腫瘍部門では、PET-CT検査や強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy: IMRT)等の先進的な医療を放射線科の協力のもと積極的に導入している。生殖部門では、女性因子不妊の一つである黄体化未破裂卵胞(LUF)に対する初めての治療法を開発し、臨床応用するに至っている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email:

所属者紹介

特任教授

  • 笹川 寿之

名誉教授

  • 牧野田 知

講師

  • 早稲田 智夫
  • 岡 康子
  • 髙木 弘明
  • 富澤 英樹
  • 藤田 智子
  • 渡邊 之夫
  • 金子 利朗
  • 藤井 亮太

助教

  • 閨谷 奈津子
  • 山口 直孝
  • 柴田 健雄
  • 坂本 人一
  • 大阪 康宏

主な研究業績

部門別研究業績

  • Novel polymerase chain reaction method for detecting cutaneous human papillomavirus DNA.
    Sasagawa T, Mitsuishi T.
    J Med Virol. 2012 Jan;84(1):138-44
  • Granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) in the mechanism of human ovulation and its clinical usefulness.
    Makinoda S, Hirosaki N, Waseda T, Tomizawa H, Fujii R.
    Curr Med Chem. 2008;15(6):604-13
  • Hemodynamic analysis of cephalothoracopagus by the color doppler method. A comparison to normal fetuses via a longitudinal study.
    Iura T, Makinoda S, Sasakura C, Hirosaki N, Inoue H, Waseda T, Watanabe Y.
    Fetal Diagn Ther. 2006;21(1):61-4
  • Hemodynamics of the renal artery and descending aorta in fetuses with renal disease using color Doppler ultrasound--longitudinal comparison to normal fetuses.
    Iura T, Makinoda S, Tomizawa H, Watanabe Y, Waseda T, Inoue H, Neyatani N.
    J Perinat Med. 2005;33(3):226-31
  • High prevalence of intermediate-risk human papillomavirus infection in uterine cervices of Kenyan women infected with human immunodeficiency virus.
    Rahman M, Sasagawa T, Yamada R, Kingoro A, Ichimura H, Makinoda S.
    J Med Virol. 2011 Nov;83(11):1988-96

主な外部研究資金

  • 平成23年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))「黄体化未破裂卵胞を中心とした排卵障害治療におけるG-CSF の有用性に関する研究」牧野田 知
  • 平成17年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))「卵巣機能におけるG-CSF、IL-6などサイトカインの作用解明と臨床応用について」牧野田 知